シミ取りの治療を詳しくご説明!

鏡を見る人

シミ取りにはどんな治療がある?

シミ取りについて、どのような治療方法があるのかを解説しています。シミによって治療法も異なってきますし、シミ予防のために治療を行うこともできますよ。しっかりと確認して、自分のシミ取り治療に役立てましょう!

READ MORE
婦人

レーザー痕の扱い

レーザー治療を受けたからと言って、油断は大敵です。レーザー治療を受けた後のお肌はとっても敏感な状態になっています。間違った扱いをしてしまうと、トラブルの元に!?

READ MORE

シミの原因とは?

シミケアの第一歩は原因から

シミは一度できてしまうと、なかなか消える物ではありません。なんといってもシミを作らないことが大切ですから、まずはシミができる原因を知ることが大切でしょう。

紫外線が大きな原因

シミが出来てしまう大きな原因は、紫外線でしょう。紫外線は皮膚にあたると、内部の細胞を壊してしまうのです。細胞が壊れることを防ぐため、皮膚内部は色素を作り出し紫外線をシャットアウトしようとします。シミができる原因とは、細胞を守るための自己防衛機能なのです。

メラニンが蓄積するとシミになる!

肌には一定期間で皮膚を着替えるサイクルがあります。それをターンオーバーといいますが、健康な肌の場合ですと、このターンオーバーによってメラニンが蓄積することはありません。しかし、ターンオーバーが上手く機能しないことによってメラニンがたまってしまった結果、シミが出来てしまうのです。

あなたはどのタイプ?シミの種類について

肝班

濃ゆさが一定の、比較的30代などの若い年齢からできやすいシミが「肝班」というものです。頬の高い位置や、おでこにできます。このシミが出来てしまう原因としてはホルモンの乱れが関係しているとされています。

老人性色素班

シミが作り出される原因として、一番多いのが紫外線の影響によるものです。紫外線が原因となって作り出されたシミのことを、「老人性色素班」と呼びます。ほおの高い位置など、紫外線がよく当たる位置にできます。

そばかす

若年層にも見られやすいのが「そばかす」です。そばかすが作り出される原因とは、遺伝によるものが大きいとされます。色の濃ゆさは淡いものが多いですが、徐々に濃ゆくなっていく場合もあります。

遅発性太田母班

額やほほの広範囲に茶色のあざができる場合があり、これを「遅発性太田母班」と呼びます。皮膚の深い所でメラニンが蓄積することで発生します。こちらの場合には、レーザーによる施術で改善することができます。

脂漏性角化症

盛り上がった、色素のうすいホクロのようなシミを「脂漏性角化症」といいます。この脂漏性角化症は、メラニンが蓄積した結果、皮膚が硬くなり盛り上がったものです。化粧品でのケアでの効果は薄いといえ、皮膚科などでレーザーの治療が必要となります。

【PR】
脂肪吸引のことは名古屋の名医に!
ダイエットするより簡単。

【PR】
大阪でわきが治療を受ける。
臭いの悩みを撃退!自分に自信が持てるようになる。

【PR】
クリニックでしみ治療を受けよう
シミの原因を丁寧に解説

目のクマの改善方法を徹底解説!
若々しい見た目をゲット☆

シミに関するFAQ

普通にできるシミって何ですか?

シミの主な原因は、紫外線によるものです。この紫外線の影響で作りだされたシミは、老人性色素班になります。このタイプのシミ取りには、美容化粧品などでも効果を得ることができますよ。

肝班とは?肝臓に関係があるのですか?

肝班とは頬骨あたりに、あざのような形で現れるシミです。こちらのシミができる原因は解明されていませんが、女性ホルモンの乱れが影響していると言われています。肝臓との関係はありません。

そばかすは治りますか?

そばかすは遺伝性のあるシミですが、幼いころから発生している場合でも治すことができます。皮膚科のレーザーや、光を照射する施術を行うことをおすすめします。

市販されている美白化粧品でシミは消えますか?

場合にもよりますが、多くの場合シミが見えている状態になりますと、皮膚の深くでメラニンが蓄積してしまっている状態になっています。この場合、市販の化粧品を利用したとしても既に存在しているシミ取りを行うことは困難となります。

毛抜きでムダ毛処理をしていますが、皮膚にシミが出来た気がします…

毛抜きで毛を抜く行為は、皮膚に悪影響を及ぼす可能性が高いのでやめましょう。皮膚を傷つけるような行為を行うと、炎症を起こします。その炎症によって色素が沈着してしまうのです。

シミのトラブルは防ぐことが大切

シミが作りだされる主な原因は紫外線です。メラニン色素が皮膚の中に溜まり、沈着してしまうとなかなかシミ取りをすることが困難となります。紫外線対策を行う事、肌のターンオーバーを乱さないようなケア、生活習慣を心がけましょう。

広告募集中