シミ取りの治療とは

レーザーや光での治療

メラニンが蓄積した部分に照射を行い、メラニン色素を取り除く施術となります。レーザーを使って照射した部分はターンオーバーによって、剝がれやすい状態なっているため、簡単に除去することができます。レーザーを使用した治療法は、大阪の皮膚科で受診することができます。

ピーリング

ピーリングとは、塗り薬によって角質を取り除く施術となります。この治療を行うことで、ターンオーバーのサイクルの機能を高めてくれます。そして、沈着した色素を薄くすることができるのです。比較的軽度のシミ取りとして効果があるでしょう。

イオン導入

イオン導入は皮膚科や、近年ではエステサロンなどでも行っています。イオン導入とは、イオン化した物質を皮膚内に浸透させていく施術となります。電流を使うため、皮膚の真皮までしっかり到達させることができます。皮膚内に浸透させるのに少し時間がかかるため、長時間の治療を要します。

飲み薬や塗り薬での治療

この方法は皮膚の表面、そして体の内部から治療を行うというものです。飲み薬の方法はシミ取りというよりも、シミ対策として用いることが適しているでしょう。塗り薬は、市販されている美白化粧品と比べると効果が得やすいです。医師とよく相談して、適量を使用しましょう。

広告募集中